アカナ

アカナ

猫は、肉とそれに含まれるたんぱく質が豊 富な食事に適した体の構造をしています。アカナの生物学的に適正な™なペットフードは、そんな猫の体の構造に合わせた栄養供給を行う新しいかたちのペットフードです。

オリジンの「チャンピオンペットフーズ社」は実に4半世紀にも渡って、信頼できる数々の賞を受賞してきたカナダのペットフードメーカーです。
元来猫はハンターとして進化し、現代のライフスタイルにも関わらず、彼らの解剖学的観点からの 特徴は、ほぼ肉類をベースにした食事に適応した体を持っています。
しかし、現在販売されている「ホリスティックフード」は、少量の肉原材料が含まれていますが、穀類やジャガイモを大量に使用し、実に50%以上の炭水化物を含有しています。原材料から栄養を摂取出来ない為、無数の合成サプリメントを配合しています。

商品について

アカナの特徴

肉球ハンターとして進化を遂げた猫に生物学的に適した食事

生物学的に適正™ というコンセプトは至ってシンプルです。猫が自然な環境で狩りをした獲物の肉の新鮮さとバラエティを再現することです。
生物学的に適正™なフードは、栄養価の高いレバー、ハチノス、軟骨といった、猫が本来食べる新鮮な丸ごと肉をバラエティ豊かにたっぷり使用しています。
また、アカナは他に類を見ないバラエティ豊かな放し飼い鶏肉、放牧肉、天然魚をたっぷり使用し、新鮮で保存料ゼロ、完璧な栄養素がぎっしり詰まっており、猫の自然な食事に含まれない高GI穀類や植物性たんぱく質は使用していません。

肉球自社キッチンに毎日新鮮なまま運搬

カナダ西部の農場、肥沃な大地、草原と冷たい済んだ水は、新鮮原材料の源です。市販のペットフードの追随を許さない、新鮮地元産原材料は最も自然な形で栄養素を供給し、自然な食事を再現しています。 放し飼い鶏肉から巣に産み落とされた卵、放牧された家畜や新鮮魚、完熟果実や野菜まで、全て人間用食材と認定を受けた食材を使用し、アカナの自社キッチンに毎日新鮮なまま運搬されます。

肉球外部委託を行わない、自社キッチン自社フード

チャンピオンペットフーズ社では、受賞歴のある自社キッチンで四半世紀にわたり、犬や猫のペットフードを製造してきました。 アカナはフードへの情熱が高く、どこでどのように原材料を飼育、漁獲しているのかを把握し、品質検査、原材料の調理、包装など全ての工程を自社で行い、管理しています。全てのアカナ製品は自社キッチンで製造しており、アカナはアカナフードの開発者であり、プロデューサーでもあります。

3商品

  • < 前
  • 次 >
3件 1-3表示
  • <
  • 1
  • >
3件 1-3表示
  • < 前
  • 次 >

Copyright (C) 2017 ガッテリア株式会社 All Rights Reserved.